渚屋blog

アニメと萌えと2次元コンテンツ・ツーリズム的なブログ。時々ミリタリー。

渚屋blog イメージ画像

人気記事

    最新記事

    …といえども、肝心の新しいほうの絵柄、ちゃんと撮れていないんですが。夕凪さんは運が悪いのです。鉄道むすめスタンプ押したり、物産館で買い物していたら、花いろ列車来ちゃってた。そしてホームに戻った時はすでに遅く整備工場前の側線に入ってしまっていたのでしたチャ
    『花咲くいろはラッピング列車3号(改)』の画像

    花咲くいろはの舞台のモデルになった聖地、石川県の湯涌温泉。そこに辿り着けない呪いをかけられた男参上!最近、当ブログでは湯涌の記事がずっと人気記事1位になっていて、その感謝の意味も込めて、のぞみ札を描き、それを奉納するために湯涌温泉に行こうとしてるんですが
    『湯涌に辿り着けない男』の画像

    つなげて全国鉄道むすめ巡り、富山ライトレール「岩瀬ゆうこ」編です。お盆に行った夏の大遠征で行きました。富山に着いたのは遠征2日目、8月12日でした。その日は名古屋から高山線で上ってきて、夕方の6時過ぎに富山に着きました。スタンプは富山ライトレールの本社の
    『つなげて!全国鉄道むすめ巡り「岩瀬ゆうこ」編』の画像

    8月10日より富山ライトレールで運行が開始された鉄道むすめ「岩瀬ゆうこ」ラッピングを見てきたのでレポートします。8月11日から15日まで、お盆休みを利用して行った「夏の大遠征」だったんですが、いろいろあってほとんどのミッションが破綻して、まともな成果はこ
    『富山ライトレール岩瀬ゆうこラッピング電車』の画像

    先週末行った呉・竹原旅行レポートその3です。前回までは呉サマーフェスタの様子をレポートしました。今回はその後行った竹原の様子や居酒屋利根のビアガーデンで行った「利根オフ会」で撮った写真を中心にレポートします。この日、竹原にしか宿が取れなかった僕は、夜のオ
    『【夏呉旅】竹原宿泊とたまゆらバスと利根オフ』の画像

    先週末行った呉・竹原旅行、呉サマーフェスタの模様その2です。今回は呉湾内クルーズので撮った写真を中心に掲載していきます。「艦隊桟橋待機所」。艦隊桟橋!良いネーミングです!交通船に乗れるって聞いて。この船は以前、将官や士官などVIP待遇の人間を船まで送るの
    『【夏呉旅◆杆皀汽沺璽侫Д好2017クルーズ編』の画像

    先週末、念願の利根オフに参加するために呉に行って来ました。ちょうど海上自衛隊呉サマーフェスタの開催日だったので地下壕一般公開などに参加しました。その時に撮った写真などを掲載していきたいと思います。自宅を出発したのは午前0時ごろ。早くに床には着いたのですが
    『【夏呉旅 杆皀汽沺璽侫Д好2017地下壕編』の画像

    2年ぶりに呉の亀山神社に絵馬を奉納させていただきました。今回は伊勢と日向。艤装も描こうと思ったのですが、絵馬の面積では厳しかったので止めました。いや、めんどくさいってわけじゃないですよ。ほんとにw浮き砲台となり呉を守っり散っていった姉妹を偲んで。そして現
    『3枚目の絵馬〜呉・亀山神社に伊勢日向の絵馬奉納〜』の画像

    お待たせしました。夏の倉吉ひなビタ♪聖地巡礼後編でございます。前編はこちら。前編では倉吉淀屋に行ったところまで書きました。倉吉淀屋を出て、県道に出ます。次の目的は…。ウェディングりんりん先生。これも見ておかないと帰れません。「ブライダルハウスとさき」さん
    『夏の倉吉ひなビタ♪聖地巡礼(後編)』の画像

    7月16日、17日に行った倉吉のひなビタ♪地巡礼の模様をお届けします。今回は特に新しいものは無いのですが、いつもの巡礼コースを散策して撮った写真をあげておきたいと思います。長いので前後編に別けます。今回は中国道〜松江道を夜通し走り松江米子経由で倉吉入りし
    『夏の倉吉ひなビタ♪聖地巡礼(前編)』の画像

    オー、プリーズ、ステイ、バイ、ミー、ダイアナ♪(←何故歌った?w)倉吉に通う「ひなビタ」ファンの間で、絶対に外せないお店がある。元祖ひなビタ聖地と言っても過言ではないティーラウンジ「ダイアナ」である。倉吉のひなビタの伝説はここからはじまった。…らしい。ダ
    『ダイアナさんで朝食を』の画像

    先日行った鳥取倉吉遠征で、今は「道の駅琴の浦」になった「物産館ことうら」に立ち寄って見ました。琴浦町といえばやはり「琴浦さん」。ここ「物産館ことうら」には以前からけっこう「琴浦さん」関連のグッズや掲示物がありました。さすがに原作も終わってしばらく経つので
    『琴浦の水』の画像

    鳥取に以前から気になっていたものがあった。それが「すず音のチキンカレー」。このキャラクターはいったい誰?って謎でした。初めて見たのは3年前の春、琴浦さんで話題になっていた琴浦町に行った時、物産館「ことうら」で見つけたと記憶しています。爺さんがパッケージの
    『楽京さん家・すず音のチキンカレー』の画像

    先週末、行った倉吉遠征で、倉吉の家電量販店「100満ボルト倉吉本店」に設置された「きみわた」のディスプレイを見に行って来ました。今回の遠征の目的はこれを見ることでした。「きみわた」は僕が倉吉を知ったきっかけになった萌えおこしプロジェクトで、白壁土蔵群のお
    『100満ボルト倉吉本店「きみわた」コラボ』の画像

    GWに倉吉に行った時、武家屋敷跡のところにひなビタ仕様の観光案内看板を見つけたという事を以前の記事で書きました。きじのなかで「他には見当たらない」と書きましたが、実は4ヶ所あるという情報を得まして、先週末、倉吉に行った時に探してみました。今回はその見つけた
    『倉吉のひなビタ観光案内看板』の画像

    土曜日に会社の人と佐世保に行って来ました。その時に撮った写真をざっと貼っていきたいと思います。朝7時に出たらけっこう余裕持って巡れました。嬉しい発見かも。倉島岸壁の一般艦艇公開→軍港クルーズ→レモンステーキ(リベラ)→弓張岳→針尾送信所無線塔→西海橋→サ
    『夏の佐世保遠征0701』の画像

    先週末行った「ひるね姫」を巡る倉敷の旅、「ひるね姫」ラッピング電車に続き、今回は「ひるね姫」ラッピングバスのレポートします。ラッピングバスは下津井電鉄大型、中型1台ずつの2台走ってるようです。ラッピングバスは狙うのが難しいので、まあ出逢えたらいいな程度の
    『ひるね姫×くらしきラッピングバス』の画像

    先週末行ってきた「ひるね姫を巡る倉敷の旅」。途中で寄り道して3月からJR西日本の山陽本線などに登場したひるね姫のラッピング電車を撮ってきました。ラッピング電車、ずっと見に行きたいと思ってたのですが、なかなか行くタイミングが掴めず半分あきらめていたのですが
    『ひるね姫×くらしきラッピングトレイン』の画像

    先週末(6月17日・18日)に久しぶりに倉敷行ってきました。映画「ひるね姫」のスタンプラリー&聖地巡礼が目的です。とりあえず、その時に撮った写真をざっと掲載していきたいと思います。初日は日付が変わる前に家を出て、夜通し高速を走り、広島県の三原へ立ち寄りま
    『「ひるね姫」を巡る倉敷の旅ダイジェスト』の画像

    先々週の関西遠征で久しぶりに鉄道むすめ巡りをしました。本来はGWに行く予定だったんですけど、仕事中の怪我の治療もあって中止したので、1ヶ月遅れの決行となりました。鉄道むすめ巡りは3月19日に行った関西遠征以来だったので約2ヶ月半ぶりになりました。今回は、
    『つなげて!全国鉄道むすめ巡り「神前みーこ」編』の画像

    6月の関西遠征で行った京アニ本社と京アニショップおよびグッズをレポートします。前回行ったのは2月半ばだったので約4ヶ月ぶりの京アニ聖地巡礼となりました。今回は京阪ではなくJRのほうの木幡駅に降り立ちました。六地蔵まで地下鉄で行って、奈良線に乗り換えるルー
    『6月の関西遠征 京アニ本社と京アニショップ』の画像

    前回に引き続き「地下鉄に乗るっ」関連の話題です。6月の関西遠征の時に見た地下鉄駅内の「地下鉄に乗るっ」関連のポスターやグッズを紹介していきます。ますは、地下鉄二条駅構内から。太秦麗さんのICカードポスター。京都市交通局のゆるキャラ「京くん」と「都ちゃん」を
    『6月の関西遠征「地下鉄に乗るっ!」グッズ・ポスターなど』の画像

    先週末、関西に行った時、京都学園大学太秦キャンパスで行われている「京都学生祭典15thアニバーサリーフェスタin右京feat.地下鉄東西線20周年記念」というイベントにに「地下鉄に乗るっ」の展示が行われるという情報を得ました。この情報を知ったのは前日の夜。当初の予
    『「地下鉄に乗るっ」イベント@京都学園大学太秦キャンパス』の画像

    6月2日〜4日に行ってきた関西遠征の速報記事をアップします。とりあえず一眼レフで撮った写真をダイジェスト的にアップしてみます。<今回の旅行の概要>神前みーこ@和歌山電鐵スタンプ→京都鉄道博物館→嵯峨ほづき@嵯峨野観光鉄道スタンプゲット→大垣書店で地下鉄に
    『6月の関西遠征ダイジェスト』の画像

    5月に呉に行った時に、帰りに久しぶりに竹原を訪ねました。5月21日の日曜日です。前回、竹原に来たのは昨年の11月13日。実に半年ぶりの竹原訪問となりました。しかも前回は夜だったので、ちゃんと昼間に来たのは8月27日以来となりました。まずは、ぽってたちの等
    『半年ぶりの竹原聖地巡礼』の画像

    ↑このページのトップヘ