渚屋blog

アニメと萌えと2次元コンテンツ・ツーリズム的なブログ。時々ミリタリー。

渚屋blog イメージ画像

人気記事

    最新記事

    2月6日に行った佐世保の模様をお届けします。この日は神奈川の元住吉の伊藤さんが佐世保に来られるということで急遽佐世保に行くことにしました。最近、佐世保の一般艦艇公開が予約なしで行けるようになったのでそのうち佐世保には行こうと思ってたので丁度良かったです。
    『護衛艦「さわぎり」艦艇一般公開と佐世保散策』の画像

    年末年始旅行で、横須賀に行った時に横須賀を散策したときの模様をお届けします。散策とは言っても時間があまりなかったので、ちょっとしか歩けてませんけどね。途中で行った軍港めぐりや三笠公園のレポートは別の記事でアップしますが、今回はそれ以外の模様を書いていこう
    『横須賀散策』の画像

    年末年始旅行で横須賀に行った時です。三笠公園に向かって歩いてると、僕の妖怪アンテナ萌えキャラアンテナがビンビン反応しましたw 道の向こうに艦娘の「雷」らしき影を発見!さすが横須賀と近づいてみると雷ではなかったです。なんですか?このキャラクターは…。オリジ
    『横須賀の「海香」ちゃん』の画像

    昨年10月の三連休に行った京阪ラッピングなどの関西乗り鉄の旅で、京阪大津線に乗った後、帰る前に嵐電の太秦そののラッピングに乗るために京都に向かいました。今回はその道中での話。京都に行ったら必ず地下鉄はチェックするってことで、今回も太秦萌ちゃんを初めとした
    『「太秦その」「地下鉄に乗るっ」関連ポスターなど』の画像

    今回も10月の三連休に京阪ラッピングなどの関西方面乗り鉄遠征の時のレポートです。嵐山電鉄で「太秦その」ラッピング列車が走ってるという噂を聞いて見に行ってみたときのレポートを書きたいと思います。「太秦その」は京都地下鉄の萌えキャラや駅メモなどでキャラデザを
    『嵐電「太秦その」ラッピング電車』の画像

    10月の三連休に行った、京阪大津線ラッピング電車の旅で、もう一編成、ラッピング電車が走っていました。それが今回ご紹介する「ちはやふる」ラッピングです。「ちはやふる」ラッピングは京阪石山坂本線を2年以上走っているラッピング列車ですが、今まで意外と乗る機会が
    『京阪大津線ラッピング電車「ちはやふる」編』の画像

    10月の三連休に行った、京阪大津線ラッピング電車に出会う旅、「全国鉄道むすめ巡り2015」ラッピング電車編後編をお届けします。前編はこちら。宿泊先の彦根から京阪石山駅まで新快速で移動です。彦根駅では近江鉄道の豊郷あかねラッピングなんかも見れました。京阪石山か
    『京阪大津線ラッピング電車「全国鉄道むすめ巡り2015」後編』の画像

    10月の三連休に行った、京阪大津線ラッピング電車に出会う旅、「全国鉄道むすめ巡り2015」ラッピング電車編です。京阪大津線「全国鉄道むすめ巡り2015」ラッピング電車の魅力をたああああああぷりご紹介します。長くなるので前編と後編に分けてのエントリーでいきます。シ
    『京阪大津線ラッピング電車「全国鉄道むすめ巡り2015」前編』の画像

    今回の年末年始旅行で横須賀に行った時、念願の戦艦「三笠」を三笠公園に見に行って来ました。三笠は日露戦争の日本海海戦で連合艦隊旗艦になった戦艦として有名ですね。記念艦として横須賀の三笠公園にて保存されています。現存する唯一の大日本帝国海軍の戦艦です。軍艦(
    『戦艦「三笠」』の画像

    なぜ僕は一般の観光地じゃなくてアニメの聖地やご当地萌えキャラが盛り上がってる街にいくのか?ずっと考えてた。遠くに行きたい僕は旅する理由付けができればなんでもいいって思っていて、そこに方向性を与えてくれたのが2次元コンテンツ・ツーリズムだったんだとずっと思
    『僕がアニメ旅する理由』の画像

    青春18きっぷが1回分余ったで1月10日に呉に日帰りで行って来ました。そのときに行った呉艦船めぐりで見た艦艇をご紹介したいと思います。前日の勤務が24時までだったので、ほぼ寝る時間もなく始発電車(5時2分)で呉まで行きました。なのでけっこうフラフラでした
    『呉艦船めぐり(2016年1月10日)』の画像

    年末年始に行ってきた、横須賀、秩父、諏訪の旅のダイジェストをお届けします。今回は年末年始休暇をフルに使う12月30日から1月3日までの4泊5日の旅でした。時間の余裕があまりなかったので、青春18きっぷをメインに新幹線や特急をからめた旅となりました。1日目
    『横須賀、秩父、諏訪を巡る冬旅』の画像

    戦車なんて怪獣映画ではやられ役で、重くて遅くて地味で、面白みのない兵器だ。…そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。そんなわけでガールズ&パンツァー劇場版です。11月21日に1年前から待ちに待った「ガールズ&パンツァー劇場版」が公開されました。公開
    『ガールズ&パンツァー劇場版』の画像

    12月5日から車で今年最後の広島・呉に行ったのですが、呉までの道中、山陽道の宮島サービスエリア(上り)に立ち寄りました。宮島サービスエリア。スマートICやホテルもある大きなサービスエリアです。そこのサービスエリアの島根県観光案内のコーナーをなんとなく見てみ
    『ノラガミ松江スタンプラリー』の画像

    引き続き、10月の三連休、9日から12日にかけてフェリーで行った「京阪乗り鉄の旅」のレポートです。今回は京阪大津線ラッピング電車乗りまくりツアーってことで、10日の夕方と11日の朝に、京阪大津線の石山坂本線にじっくり乗ってきました。10日に「鉄道むすめ」
    『京阪大津線ラッピング電車「響け!ユーフォニアム」編』の画像

    「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza」観ました。面白かったので2回、観に行きました。10月の三連休に行った京阪旅行で帰りの大阪南港でなるのの続々東方見聞録のなるのさんに勧められて、勢いで観てしまいました。蒼き鋼のアルペジオ、原作もTVアニ
    『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』の画像

    10月の三連休、9日から12日にかけてフェリーを利用しての「京阪乗り鉄の旅」に行ってました。その旅のいちばんの目的が、「京阪☓響け!ユーフォニアム」のコラボ企画のものを巡ってゆくことでした。その中でも、京阪線の記念ヘッドマーク列車と、それぞれのキャラクタ
    『京阪「響け!ユーフォニアム」HM列車と等身大パネル巡り』の画像

    前回は京アニショップの駅広告についての記事を書きましたが、今回のエントリーではその京アニショップと京都アニメーション本社の紹介をしたいと思います。僕は京都アニメーション本社と京アニショップには3年前に一度行っています。その時の模様も当ブログで記事にしてい
    『京都アニメーション本社と京アニショップ』の画像

    以前、京アニショップ!の看板が京阪宇治線の駅に設置されてるという話を聞いてました。そこで、10月の10日〜12日の3連休に京阪の「響け!ユーフォニアム」のコラボを見に言った時についでに見てきました。今回のエントリーでは六地蔵駅と木幡駅に設置された彼女たち
    『京アニショップ看板娘四姉妹』の画像

    鉄道むすめ巡り2015に合わせて、9月16日より運行を開始した富山ライトレールの鉄道むすめラッピング。シルバーウィークを利用してはるばる富山まで撮ってきました。…ただし非常に残念ながら、今回は鉄道むすめラッピング2編成のうち1編成にしか出会えませんでした
    『富山ライトレール鉄道むすめラッピング(緑)』の画像

    ぼんぼり祭り直前!っていうことで、シルバーウィークに行った湯涌温泉の写真を掲載していきたいと思います。今回はぼんぼりの灯った湯涌温泉街の様子をお届けします。野外ステージ広場から見たぼんぼりの景色。一昨年のお盆にはじめて湯涌温泉に行った時もぼんぼりの点灯は
    『ぼんぼり灯る湯涌温泉』の画像

    シルバーウィークに車で北陸に行った時に、正月に湯涌で手に入れた”のぞみ札”に絵を描いて奉納してきました。そのときのレポートを描きたいと思います。今回描いたのぞみ札。とりあえずは主人公の緒花ちゃんをででーんと。お願いはこののぞみ札を描くことをきっかけにお絵
    『湯涌稲荷にのぞみ札を奉納しました』の画像

    基本的に旅先で美味しい物にはあまり縁のない夕凪さんなのですが、呉に行った時に限っては、けっこう夜美味しいもの食べてます。最初はビューポート呉の1階にある「海軍さんの麦酒館」で呉冷麺と海軍さんの肉じゃがを食べるのが恒例になってました。次に行ったのは「瀬戸内
    『呉の居酒屋利根』の画像

    先週末(9月5日〜6日)に青春18きっぷ利用で広島・呉・竹原に行ってきました。今回のエントリーでは、旅行1日目の夕方から夜にかけて呉の町を散策した模様をお届けします。いつもの如く、新飯塚5時2分発車の始発電車に乗って広島・呉を目指します。今回は一旦、広島
    『呉の伊勢さん入渠中〜呉散策〜』の画像

    また先週末も青春18きっぷで呉に行ってた夕凪さんですが、早速2枚目の絵馬を呉の亀山神社に奉納してきましたよ。今回はその模様をお送りします。2枚目の絵馬は赤城さんです。やはり呉と艦娘を題材にした絵にしたかったので、赤城と旧鎮守府庁舎(呉地方総監部)を描いて
    『2枚目の絵馬奉納〜呉・亀山神社に赤城の絵馬奉納〜』の画像

    ↑このページのトップヘ