「させぼシーサイドサマーフェスティバル」と「海上自衛隊佐世保地方隊サマーフェスタ」の続きです。前回はミサイル艇「おおたか」の船内を見学したところまで書きました。

今回はいよいよお目当ての護衛艦「あけぼの」に乗艦しますよー。

佐世保シーサイドフェスティバル (66)
「おおたか」の奥に見える大きな護衛艦が「あけぼの(DD-108)」です。

佐世保シーサイドフェスティバル (58)
自衛隊のシャトルバスで「あけぼの」が接岸している国際岸壁まで移動します。

のりばに着いた時にはタイミング悪く前のバスが行ったところでしたが、すぐに次のバスが来て乗車できました。そのバスも、ものの5分ほどで満席となりました。

ちなみに佐世保の海上自衛隊艦艇一般公開、いつもは国際岸壁の裏側の倉島岸壁でやってます。今回はフェスティバルに合わせて会場から目立つ位置での一般公開になったのかもしれませんね。

佐世保シーサイドフェスティバル (33)
国際桟橋に到着。「あけぼの」さん大きい!「おおたか」乗った後だったし以前佐世保で乗ったのは「じんつう」(2000トン)だったので大きく感じました。

「あけぼの」はむらさめ型護衛艦8番艦。排水量4400t、全長151m、全幅17.4m高さ47mの汎用護衛艦。艦これの曙ちゃんは駆逐艦で1680tだったので大きくなったものです。特II型(綾波型)駆逐艦の8番艦でどちらも8番艦なのが面白いですね。

ちなみに「あけぼの」と姉妹艦(むらさめ型)には「むらさめ(村雨)」をはじめ、「いなづま(電)」や「いかづち(雷)」「さみだれ(五月雨)」「はるさめ(春雨)」などの駆逐艦娘たちの名前が見受けられます。

ちなみにこの「あけぼの」さんは4代目です。先代(3代目)は戦後初の国産護衛艦でありました。艦これの曙ちゃんは2代目ですね。

佐世保シーサイドフェスティバル (36)
佐世保シーサイドフェスティバル (39)
佐世保シーサイドフェスティバル (32)
62口径76mm単装速射砲。

佐世保シーサイドフェスティバル (40)
速射砲の後ろにはアスロックの垂直発射装置が設置してあります。

佐世保シーサイドフェスティバル (35)
船首。この構図好きなんですよー。ジパングのオープニング思い出しますw

佐世保シーサイドフェスティバル (34)
佐世保シーサイドフェスティバル (42)
佐世保シーサイドフェスティバル (38)
艦橋。

佐世保シーサイドフェスティバル (41)
艦橋の前に付いてる白い武装が高性能20mm機関砲(ニックネーム:ファランクス)。近接防御火器システム(CIWS)で、艦に接近してきた敵のミサイルなどの兵器を最終的に撃ち落とす武器です。護衛艦の最終防衛兵器と言って良いと思います。

6つの砲身を持つガトリング砲M61A1は一秒間あたり約75発の弾を発射します。有効射程距離は約2Km。上部の白い筒状のものはレーダーで、砲身の下のドラム状のものの中には弾丸のベルトが収納されています。弾丸ドラムの中には約1500発の弾が収められています。

同じ機関砲は後部のヘリ格納庫の上にも搭載されてます。

佐世保シーサイドフェスティバル (43)
佐世保シーサイドフェスティバル (46)
側面の通路を通って後部へ向かいます。

佐世保シーサイドフェスティバル (44)
三連装魚雷発射管。水平に魚雷を発射する装置ですね。左右に1基ずつ計2基搭載されてます。

佐世保シーサイドフェスティバル (45)
艦中央部に装備されているのは90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)ランチャー。遠距離の敵艦を攻撃する兵器ですね。

佐世保シーサイドフェスティバル (47)
護衛艦「あけぼの」艦上から見た米軍基地の桟橋。あちらにも海上自衛隊の護衛艦がたくさん停泊してます。あちらに停泊されると護衛艦ウォッチングは困難です。一番手前に停泊してるのは艦番号109、「あけぼの」と同型艦の「ありあけ」ですね。

佐世保シーサイドフェスティバル (50)
後部のヘリ甲板。

佐世保シーサイドフェスティバル (49)
こちらがヘリ格納庫です。おや?今日は中に入れそうですよ!?護衛艦の格納庫には入ったことなかったので嬉しいです。

佐世保シーサイドフェスティバル (51)
 ヘリ甲板の隅には発着艦指揮所(LSO)があります。

佐世保シーサイドフェスティバル (52)
格納庫内もカッコイイ!!中では自衛官さんたちによるイベントが開催されていました。この時は手旗信号の紹介イベントでした。無作為に観客をえらび、その人の住所や生年月日などを手旗信号で伝えて当てるというものでした。

佐世保シーサイドフェスティバル (48)
「あけぼの」の後方にはひうち型多用途支援艦「あまくさ(AMS-4303)」が停泊中でした。

佐世保シーサイドフェスティバル (53)
佐世保シーサイドフェスティバル (54)
そして艦を降ります。最後に全体図をパシャリ。ここで雨足がかなり強くなってきたので、写真を撮るのも早々に送迎バスに乗り込みフェスティバルの本会場に戻ります。

佐世保シーサイドフェスティバル (55)
みなと口広場がら見た護衛艦「あけぼの」。近くから見るとでっかいけど、遠くからみるとスマートなフォルムの護衛艦ですね。それにしても…望遠レンズが欲しいデス…。

佐世保シーサイドフェスティバル (63)
ギリギリまで近づいて撮ってみる。幸い雨もあがりました。

佐世保シーサイドフェスティバル (64)
護衛艦「あけぼの」と多用途支援艦「あまくさ」の2ショット。

そんなわけで、佐世保地方隊サマーフェスタにおける護衛艦「あけぼの」の艦艇一般公開、雨が降っていたのであまりゆっくり写真は撮れませんでしたが、現代の曙ちゃんこと護衛艦「あけぼの」をを堪能させて頂きました。

海上自衛隊の艦艇一般公開では、雨がふったりすると艦の床や階段が滑りやすくなるので、乗艦が中止になったりすることがありました。なので今回かなり心配したのですけど、無事乗艦できて本当によかったです。

艦これの曙ちゃんは提督に暴言吐きまくりで正直苦手だったけど、今回の事で少し好きになりました。

艦これの曙ちゃんがあんな性格になったのは、史実の駆逐艦曙が数々の不運に見舞われ、味方から数々の理不尽な仕打ちを受けたことに原因があること知りました(※参考)。お陰でゲームでは”運”の値が10ですし…。それを思えば彼女のあの口の悪さも愛せそうな気がします。

そんな不運な駆逐艦だった彼女も現在ではこんなに立派な護衛艦になって、少しは報われたのではないでしょうか?

では今回はこの辺で。レポートは後編に続きます。


(関連記事)
ミサイル艇おおたか@佐世保地方隊サマーフェスタ
【現代の艦娘達】護衛艦あけぼの@佐世保サマーフェスタ←いまここ
佐世保市内散策@佐世保地方隊サマーフェスタ


海上自衛隊艦艇パーフェクトガイド―自衛隊創立60周年特別エディション (DIA COLLECTION)海上自衛隊艦艇パーフェクトガイド―自衛隊創立60周年特別エディション (DIA COLLECTION)

ダイアプレス 2014-05-30
売り上げランキング : 221294

Amazonで詳しく見る
by G-Tools