「ひなビタ♪」の舞台、倉野川市と姉妹提携してコラボをやっている倉吉市。その倉吉の街中に置かれてる「ひなビタ♪」のキャラクターパネルを巡って市内を歩き回って来ました。その時に巡った「ひなビタ♪」のキャラクターパネルをキャラクター毎に紹介していこうと思います。

第一回目はひなビタの中で僕が一番好きなキャラ「霜月凛」のパネルを紹介していきたいと思います。


1.黒セーラー服その1


まずは白壁土蔵群にある豊田家住宅にいた凛ちゃんから。
ひなビタキャラパネル巡り凛編 (6)
伝統的な町家建築が似合う黒髪の美少女…ですなあ。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (9)
倉吉名物の木彫りの福の神と一緒に。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (10)
ひなビタキャラパネル巡り凛編 (8)
黒セーラーがコレほど似合う女の子は凛ちゃん以外にいないっ(断言)


2.黒セーラー服その2


ひなビタキャラパネル巡り凛編 (21)
なしっこ館の近くの花屋に花に囲まれたひとりの美少女が…。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (18)
文学少女って感じのバージョンですかねー?

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (19)
表情がたまりません。理想のセーラー服美少女って彼女のような女の子を言うんだと思います。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (20)
彼女がいたのは「チトのゆび」。倉吉郵便局から交差点を挟んで斜め向かいにあります。駐車場が前にあって、店舗が奥のほうにあるからちょっとわかりにくいかな?見つけるまでに少し迷いました。

店員さんが凛ちゃんとの2ショットを撮ってくれたのですが、せっかくの彼女のイメージを壊してはいけないので封印しておきますね…。


3.黒ドレス


ひなビタキャラパネル巡り凛編 (14)
白壁土蔵群にあるおもちゃ屋「おもちゃのたいら」にめうちゃんと一緒にいた凛ちゃん…。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (13)
ぐはっ!なんという破壊力。なんかエロい…。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (12)
黒ドレス姿の凛。この表情が恐ろしく色っぽい。おもちゃ屋さんに飾るにはあまりふさわしくないような…w でも(・∀・)イイ!!

彼女の居る「おもちゃのたいら」は白壁土蔵群のメイン通りを西へ、豊田家住宅の少し先にあります。倉吉淀屋も近いです。


4.楽器(ギター)演奏姿


ひなビタキャラパネル巡り凛編 (16)
白壁土蔵群にある「あじくらや」の店内にいる凛ちゃん。楽器演奏姿です。彼女の「日向美ビタースイーツ」における担当はエレキギター。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (17)
お店に入らないと見るのは難しいです。ちょうど彼女の真ん前の席に案内してもらえました。すごくラッキーだったです。

<追記>2016/11/21
ひなビタパネル新規 (21)
「倉吉まち応援プロジェクト」イベントの時に撮影。りんりん先生、店の表に出てました。

ひなビタパネル新規 (22)
ひなビタパネル新規 (2)
陽の光の元で撮ると綺麗ですね。ここの通りの店は普段はパネルを表に出してないのですが、この日は特別だったんだと思います。イベントに行く価値はこういうところにもありますね。

ひなビタパネル新規 (7)
りんりん先生のアップ。ホント美人さんですよねー。この子はこういう姿も似合います。


5.アリスコスプレ姿

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (5)
不思議の国のアリス姿。こういう服も似合いますねえ。

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (4)
場所は観光案内所ちかくのたいやき屋「りんりんや」です。

そして最後は…。


6.ウェディングドレス


ひなビタキャラパネル巡り凛編 (2)
ウェディングドレス姿!!??マジですか!?

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (15)
この子は僕を萌え殺す気ですか…!?凛ーっ!俺だーっ!結婚してくれーっ!!

ひなビタキャラパネル巡り凛編 (3)
恥じらいの表情…萌え死にます…。場所は白壁土蔵群の県道208号線沿いにあるブライダルハウスとさきというお店です。


以上、”霜月凛”単独のパネルは7枚でした。他のメンバーとのパネルは別エントリーで紹介しますね。

「ひなビタ」のパネルは30枚以上あるのでぼちぼち記事にあげていこうと思います。


なお、倉吉の「ひなビタ」キャラクターパネルはずっと同じ場所にある訳ではないらしいので、今回紹介した場所に行けば必ずあるという訳では無いので注意してくださいね。あくまで参考までに。

パネルを探しながら街を散策するのも楽しいですよ。


(関連記事)
夏の倉吉・呉・竹原遠征【1日目】
夏の倉吉・呉・竹原遠征【2日目】

(関連商品)
ひなビタ♪ Five Drops 05 -bergamot mint- 霜月凛
日向美ビタースイーツ♪ from 霜月凛(CV.水原薫)
SMD itaku (music)
2016-02-17