先週末、念願の利根オフに参加するために呉に行って来ました。ちょうど海上自衛隊呉サマーフェスタの開催日だったので地下壕一般公開などに参加しました。その時に撮った写真などを掲載していきたいと思います。

自宅を出発したのは午前0時ごろ。早くに床には着いたのですがなんか眠れなくて、起きられなかったらいけないと思って、眠くなれば車の中で寝ようと思い出発しました。

呉サマーフェスタ(その他) (7)
美東サービスエリア(上り)で、毎回恒例の美東瓦そばを喰らいます。

途中、睡魔が襲ってきたので富海パーキングエリアで3時間ほど仮眠。広島市内でフォロワーの伍式さんを乗せて呉へ向かいます。

呉サマーフェスタ(その他) (8)
いつもの大和ミュージアム前の景色。

呉着が9時頃。しかし、サマーフェスタの会場である呉地方総監部城山グラウンドは12時からしか入れないらしかったので何処かで時間を潰すことにします。

呉サマーフェスタ(その他) (5)
とりあえず、「てつのくじら」を見学。

呉サマーフェスタ(その他) (1)
1階のカフェのところに「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の著者柳内たくみさんとコミカライズの竿尾悟さんのサイン色紙が展示してありました。

呉サマーフェスタ(その他) (2)
呉サマーフェスタ(その他) (3)
同じくカフェに展示してある自衛隊三人娘シャルロット・ハリス・鳴海さんの等身大パネル。

呉サマーフェスタ(その他) (11)
せっかくなのでクリアファイルも買いました。この自衛隊3人娘、絵は深崎暮人さんでございます。6月に児島駅で見た学生服の看板のキャラクターもそうでしたね。自衛隊3人娘、島田フミカネさん絵のやつもグッズ欲しいです…。

呉サマーフェスタ(その他) (12)
「かが」ミニゴーフル。中身は少ないのですが、缶が欲しくて買っちゃいました。

呉サマーフェスタ(その他) (13)
呉サマーフェスタ(その他) (14)
かがシャツ。黒が2種類と白がありましたが、今回はこれを。

そして、神奈川から来たフォロワーの伊藤さんとそのお連れの方と合流して、会場へ行ってみます。まだ開門前だったのですが行列ができてました。しかし炎天下の中待つのもなんなので、先にお昼にすることにしました。

呉サマーフェスタ(その他) (9)
レンガ通りの近くにある「いせ屋」さんです。1年ぶりくらいに来ました。

呉サマーフェスタ(その他) (4)
いせ屋特製カツ丼。いわゆるデミカツ丼ですなー。前に来た時もこれを食べたので、他のにも挑戦してみたかった気もしましたが、せっかくなので。

呉サマーフェスタ(その他) (10)
海上自衛隊呉集会所本館(青山クラブ)、取り壊されるそうですね。「この世界の片隅に」の作中にも登場した建物です。すでに1階部分には板が貼り付けてありました。中に入る機会はありませんでしたが、呉に通い始めて何度も足を運んだ建物だけに少し残念です。

呉サマーフェスタ地下壕編 (16)
サマーフェスタの会場入口。守衛所でいつも厳つい自衛官さんが睨みをきかせているこの場所。前を通るにもなんとなく緊張してしまいます。そんなこの門の向こうへ足を踏み入れることができようとは。

呉サマーフェスタ地下壕編 (17)
地方総監部の門。いつもは、なんとなく怒られそうでじっくりカメラを向けることも無かったのですが、この日ばかりは気軽に撮影ができました。それにしても、金ピカですね。

呉サマーフェスタ地下壕編 (15)
こちら側から道路を見るのは新鮮でした。

呉サマーフェスタ地下壕編 (20)
メイン会場(城山グラウンド)の様子。出店がたくさん出てました。

呉サマーフェスタ地下壕編 (21)
グラウンドから旧鎮守府(地方総監部)庁舎の建物を見る。

呉サマーフェスタ地下壕編 (19)
大和さんがいましたwww

呉サマーフェスタ地下壕編 (22)
ステージではバンドの演奏などの出し物をやってましたが、炎天下でテントも無いせいか、見物人も疎らな感じ。

呉サマーフェスタ地下壕編 (14)
鉄塔も間近に。

呉サマーフェスタ(その他) (16)
会場のショップで買った「かが」のステンレスマグカップ。

呉サマーフェスタ(その他) (15)
同じく、会場で買った新発売の「かが」マフラータオル。

呉サマーフェスタ地下壕編 (1)
旧呉鎮守府庁舎階段下の慰霊碑。

呉サマーフェスタ地下壕編 (2)
階段奥(右手)にあるコンクリートが地下壕。

呉サマーフェスタ地下壕編 (3)
旧鎮守府庁舎に登る「大階段」。海軍なのでこちらが正門って話を以前、どこかのガイドさんから聞きました。鎮守府を訪れる人は船で桟橋からやって来るというのが正式だとかなんとか。陸上側の門は裏門の扱いなのらしいです。

呉サマーフェスタ地下壕編 (18)
地下壕(地下作戦室)の案内看板。昭和18年の夏頃に着工し。空襲が激しくなる昭和20年の4月頃に完成したらしいです。7月の空襲で鎮守府が焼失した際にも地下壕に保存された重要書類等は被害を免れたそうです。

そんな訳で、いよいよ地下壕の中に入ります。

呉サマーフェスタ地下壕編 (5)
旧地下作戦室。地下壕のなかで一番広い部屋。幅約14m、高さは最大で約6m。とても涼しかったのが印象的でした。6月に行った沖縄の海軍壕のような感じを想像してたのですが、全然違いました。向こうは狭くて、蒸し暑くて最悪でした。あちらに比べれば、こちらは天国でしたね。

呉サマーフェスタ地下壕編 (4)
天井には鉄の棒が何本も。なにか吊るしていたんですかね?

呉サマーフェスタ地下壕編 (6)
開かずの扉。錆びて開かないそうです。その向こうは第一庁舎の入り口に続いてるらしいです。

呉サマーフェスタ地下壕編 (7)
右側には小窓が。

呉サマーフェスタ地下壕編 (9)
作戦室の右側にある小部屋。手前の部屋には何かの台座(発電機?)がありました。

呉サマーフェスタ地下壕編 (8)
天井には水滴がキラキラ。地下水が湧き出してるところもあるとのこと。涼しいのは地下水のせいなのでしょう。

呉サマーフェスタ地下壕編 (10)
作戦室入り口右側にあった階段。上はどうなってるのでしょうかね?

呉サマーフェスタ地下壕編 (12)
階段の横が板で囲ってありました。物置だったのでしょうか?

呉サマーフェスタ地下壕編 (11)
階段手前にあった緑の扉。この奥にも小部屋があるっぽい。

呉サマーフェスタ地下壕編 (13)
外観。右の小窓は緑の扉の部屋の窓だと思います。外の様子を伺う窓だったのかな?

実はこれらは2回目に地下壕に行った時に撮った写真で、1回目の写真はカメラのモードがいつの間にかエフェクトモード:カラースケッチになってました…orz

ついでなのでそれも載せちゃいます。

呉サマーフェスタ地下壕編  (1)
地下壕見学待ちの列。

呉サマーフェスタ地下壕編  (2)
地下壕外観。

呉サマーフェスタ地下壕編  (3)
地下壕入り口の厚い鉄の扉。

呉サマーフェスタ地下壕編  (4)
呉サマーフェスタ地下壕編  (5)
地下作戦室見学(アート調w)

呉サマーフェスタ地下壕編  (6)
左側の小部屋。

呉サマーフェスタ地下壕編  (8)
地下壕外観その2。

ああ…カメラのモードは必ず確認することにします…。以前も佐世保の艦艇公開でやっちゃったんですよね…。


以上です。

正直、もう少しいろいろ見せてくれるものかと期待してたのですが、並ばされた割に、作戦室メインですぐに終わっちゃいましたね。一ヶ月前に沖縄の海軍壕に行った後だっただけにどうしても比べてしまいます。あと大分県佐伯の丹賀砲台跡とかに比べると、ちょっと物足りなかったかな。

ただ、普段は入れない場所に入れただけでも、貴重な経験ではありましたけどね。

それに、こういった地下壕や地下通路が呉にはたくさんありそうなので、その一部分が見れたと思うとワクワクしましたね。監視哨がある工廠神社跡(串山公園)の地下とか、こんな感じの地下施設や地下通路ありそう。

さて、この後、体験クルーズに参加したのですけど、それはまた別のエントリーで。


(関連記事)

【艦これ鎮守府散歩】佐伯湾泊地・丹賀砲台編
【艦これ鎮守府散歩】佐伯湾泊地
【艦これ聖地巡礼】若松の軍艦防波堤
若松の軍艦防波堤2
笠戸島コンクリート船探索